• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 子育て支援センター ベアリス > ベアリスってどんなところ?

ベアリスってどんなところ?

  ☆ベアリスの様子はベアリスをのぞいてみよう!でご覧ください。

子育て支援センターベアリスは、お子さんとそのご家族を支援するための施設です。小学校就学前のお子さんとそのご家族でしたらどなたでも無料でご利用になれますので、気軽にお立ち寄りください。親子でゆっくりと、友達やスタッフ・学生ボランティアと楽しく「ベアリス」で過ごしましょう。

          〒360-0194 埼玉県熊谷市万吉1700 立正大学6号館

                     子育て支援センター ベアリス

                               TEL 048-539-1535 Email bearris@ris.ac.jp

ベアリスからのお知らせ

緊急のお知らせ

現在緊急のお知らせはありません。

あそぼう広場 自由にあそびましょう!

☆ ただいま予約制でのご利用となります。

ご利用にあたってのお願い

 コロナ感染だけでなく、RSウイルス・感染性胃腸炎等感染症の患者さんや、発熱や嘔吐などの症状がご家族にある場合は入室していただくことができません。また、風邪の症状(鼻水・せき・腹痛等)がある場合も入室していただけません。宜しくお願い致します。

10月の予約 10月分の予約は終了しました。 

11月の予約 予約方法・予約状況はこちら

※11月から学生ボランティアがあそぼう広場に入ります。学生が入る事に不安がある方は予約時にその旨をお伝えください。

☆ キャンセルのお知らせ

 現在キャンセルのお知らせはありません。

☆キャンセル枠をお申し込みになる際のお願い

既に同じ月で他の日の予約をしている場合は、一度その予約を取り消しさせていただきます。来所時にまだ空きがあれば、再度予約していただくことが出来ます。

 

イベント いろいろなイベントがあるよ!

☆ にこにこタイム

11月のにこにこタイムのお知らせ

☆ 楽しい子育てのための「ペアレントプログラム

 定員になり、締め切りました。

 

おうちイベント 制作キット差し上げます!

 

10月のキット配布は終了しました。

お誕生カードプレゼント

☆ 誕生月のお子さんにお誕生カードをプレゼントします。

  ご希望の方はスタッフにお声がけ下さい。

育児相談

ベアリスは通常も育児相談を受け付けています。

☆ スタッフへの相談について 詳しくはこちら

☆ 大学の先生への相談について 詳しくはこちら


ベアリスへの行き方 

  大学内の地図はこちら

お車の方はこちら

・大学に沿って「たちばなホーム」方面に曲がります。

・駐車場入り口です。ここに停めてくださいね。

・駐車場はこんなに広いです!

♪ベビーカーの方はこちらから♪

・のぼり旗をみつけて…

・ベアリスはもうすぐです!

♪抱っこ・あんよの方はこちらから♪(階段があります)

・階段を昇ったら、到着!

立正大学のバス停からはこちら 

・バスを降りたら、突き当りを右に進みます。

・バスの待合室の手前を左に曲がり、駐輪場に沿って右に曲がります。

・左側にベアリスの旗発見!

・ベアリスに到着です!

 

2021年10月14日 ベアリスれたぁの11月号をアップしました。詳細はこちらから

2021年9月16日 ベアリスれたぁの10月号をアップしました。詳細はこちらから

2021年8月16日 ベアリスれたぁの9月号をアップしました。詳細はこちらから

ベアリスについてひとこと

 立正大学社会福祉学部子育て支援センター(通称:ベアリス)は、2011年4月1日オープンし、今年で10年目を迎えました(2020年4月現在)。熊谷市には19の地域子育て支援拠点があり、ベアリスはそのうちの1つです。地域子育て支援拠点は、地域の子育て家庭への支援を目的とした施設です。ベアリスは熊谷市在住の方のみならず、広く多くの皆様に利用していただいています。

 ベアリスでは、過ごしやすくて暖かい雰囲気を目指しています。利用者の皆さまに「また来たい」と思っていただけるよう、スタッフ一同、心を込めてお迎えしています。   


 さらに、ベアリスの特徴として、本学学生がボランティアとして活動している点を挙げることができます。保育・教育の仕事を目指している学生が、実際に保護者の皆さまやお子さま方に接する機会をいただき、多くを学んでいます。

     

     これからも、ベアリスが多くの方々に利用される場でありますよう願っています。

 

 

Top