• HOME
  • 社会福祉学部
  • 社会福祉学科
  • 子ども教育福祉学科
  • 社会福祉学研究科
  • 入学試験案内
  • 社会福祉学部の実習指導
  • キャンパスライフ
HOME > 社会福祉学研究科 > 社会福祉学研究科長 挨拶
社会福祉学研究科長 挨拶

 大学院とは「学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を究め、または高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与することを目的とする」と「学校教育法」(第99条)で定めています。そのため、本社会福祉学研究科では、広義の福祉の領域で建学の精神を基にこの実現を目指していきます。

 ところで、日蓮聖人のお言葉に「行学の二道をはげみ候べし」というものがあります。一般に実践と理論の両方に取り組みことが必要であることを説いたものと理解されています。これを実際の研究の場面に置き換えてみると「問題解決型」と「真理探究型」の研究になると考えられます。現代社会が抱えている深刻かつ重大な問題は速やかに解決することが望まれます。一方、説得力ある解決には十分な真理探究に基づいた理論が必要です。両方を過不足なく実行することが必要です。

 さて、本研究科は2000年4月にまず社会福祉学専攻修士課程を、そして、2008年度には博士後期課程を、さらに2016年度からは教育福祉学専攻修士課程を設立しました。これまでに100名をこえる修士課程修了者と3名の博士後期課程修了者を輩出することができました。修了者は、大学・短期大学・専門学校の専任教員、福祉・保育・教育分野や行政機関で有用な人材として活躍しています。授業は平日は18時から、土曜日は12時50分から開講しています。

 また、首都圏に1980年に設立された福祉系大学院の団体である社会福祉専攻課程協議会(現在、13大学院)にも参加し、委託聴講制度を利用して他大学院での講義も受講でき、研究発展や学術的提携・交流を促進しています。

 最後に「青き事は藍より出でたれども重ねれば藍よりも色まさる」。これも日蓮聖人のお言葉です。積み重ね努力することで成果がでてくることを意味します。本研究科に入学されるみなさんには、修学・研究を通じて人類社会の福祉と和平に寄与できる深い智恵と洞察を培われ実践されることを願っています。

社会福祉学研究科長
溝口 元

 

Top